12/30/2006

音楽が僕を殺す日(The day music puts me to death)

本来ならば、一年を振り返って来年はもっと良い年にしよう!という記事を書くべきです。でも自分の一年を振り返ると、果たして僕は今年も一体何をやっていたんだろう…なんて暗い感じになってしまうので、それはやめます(はぁ…)。

Read more...

posted by Yuuki at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

12/29/2006

意味することの意味(ダリ回顧展レヴュー)

上野の森美術館で来年1月4日まで開催されているダリ回顧展を観てきました。美学を勉強したいなどとのたまっているくせに美術についての知識は皆無の僕ですが、素人目線から感想など述べたいと思います。

Read more...

posted by Yuuki at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

12/24/2006

愛について、幾つかのナンセンス

スガシカオは「愛について」という作品で「♪僕らがもう少し愛についてうまく話せるときがきたら暮らしていこう…」と歌っている。愛について話す、愛について“うまく”話すとはどういったことだろう。せっかくのクリスマスイヴだから、そんなことを寂しく、孤独に考えてみたい。

Read more...

posted by Yuuki at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Religion

12/23/2006

『神の子どもたちはみな踊る』 村上春樹

弟から借りて向こうに持っていってました。案の定読んだのは月曜日、帰りの飛行機の中ででしたが。『ノルウェイの森』のあの有名なオープニングのせいか、飛行機の中で読む村上春樹はなんとなく“おつ”ですよね(そうか?)。

Read more...

posted by Yuuki at 05:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

12/22/2006

「死んではいけない」と言ってはいけない(1)

相次ぐ若い人の自殺をうけて、『死んではいけない』と銘打たれた本があるテレビ番組の企画で出版された。僕はこの本を読んでいないし、内容はよく知らない。ただ、「死んではいけない」というメッセージが直感的に気に障る。何かが間違っているように感じる。大変に嫌らしいタイトルだと思う。「死んではいけない」と言ってはいけない。

Read more...

posted by Yuuki at 09:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | On Language

12/21/2006

Radical Hermeneutics and Incarnation (Vattimo)

What interests me the most in Gianni Vattimo's thinking is his attempt to find the "provenance" of hermeneutics in the Trinitarian conception of God.

Read more...

posted by Yuuki at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Religion

12/20/2006

帰国/手紙/"Einsamkeit"

月曜の深夜27時過ぎに今学期最後の論文をメールで提出、それから一時間で荷物をまとめ、タクシーを飛ばしてもらって空港に滑り込み、デトロイトでの乗り継ぎを挿んで全部で15時間ほどの空の旅を経て、昨日の夕方無事日本に帰ってきました。

Read more...

posted by Yuuki at 15:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | Journal/Gibberish (-Spr. 07)

12/12/2006

マンガで学ぶ就職・ニート・再チャレンジ問題

このページにまとめられてます。

最初は2chからでてきたと思いますが。作った人はすごく巧いと思うけど、内容的にはよく考えると全然笑い事じゃありません(苦笑<結局笑っている)。今就活中の同級生のみんな、ホントがんばれ!

ってか再チャレンジ税制のお話、よくわかりました。ニュースでちらっと読んだくらいだったのですが、こんな冗談みたいなことが起こっていたのですねぇ。「美しい国」か…(遠い目)。

あ、それとジャンプ黄金時代が懐かしいです。

posted by Yuuki at 02:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | Uncategorized

12/11/2006

どうにも不可能な話

不可能なことはたくさんあるけど、大きく二種類にわけることができる。(1)論理的に不可能なことと、(2)物理的に不可能なことだ。

Read more...

posted by Yuuki at 08:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Metaphysics/Epistemology

12/10/2006

「静寂の昼」

イアン・ボストリッジが歌う『The English Songbook』というアルバムに収録されている「Silent Noon」という曲が最近好きでよく聴いています。

Read more...

posted by Yuuki at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

12/09/2006

自殺に関するメモランダム(3)

ついに「生まれ変わる」という内容の遺書を残して自殺した中学生がニュースになった。「大人」はもちろん、いろいろなことを言ってこの不幸な子どもを批判する。例えば、次のように。

Read more...

posted by Yuuki at 16:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | On Language

12/07/2006

おわりのはじまり

昨日で秋学期のすべての授業が終了。これから来週にかけてテスト期間。今週普通のテストが2つ、そして来週論文関係の締め切りが3つ。それで今年の大学の勉強はおしまい。

Read more...

posted by Yuuki at 06:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | Journal/Gibberish (-Spr. 07)

12/05/2006

Philosophers playing soccer

A classic Monty Python video clip. "International Philosophy: German vs. Greece." Hahaha. I love Marx so vehemently warming up.



posted by Yuuki at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Uncategorized

12/04/2006

ダリ回顧展

こっちに戻ってきた直後から始まったので、「あぁ行きたかったなぁ」と思っていたら来年の1月4日までやっていることを最近知りました。

Read more...

posted by Yuuki at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Journal/Gibberish (-Spr. 07)

12/03/2006

Quitting

I'm thinking about quitting certain things. Soon. But I don't know.

Read more...

posted by Yuuki at 04:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | Journal/Gibberish (-Spr. 07)

12/02/2006

いじめと自殺に関するメモランダム(2)

いじめと自殺について、今日、誰が、どこで、何を、どのように語ればいいか、語れるのか? そもそも、いじめと自殺について語るということは一体どういうことか? この恐ろしい問いに直接向き合って考える勇気があなたにあるなら、少し難しいかもしれないけれど、最後まで読み進めてほしい。

Read more...

posted by Yuuki at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | On Language

12/01/2006

西脇順三郎のスタイル

FRENの小論文でボードレールの「Les Fenêtres」という散文詩に関して何か書かなければいけなかったので、西脇順三郎の「ボードレールと私」というエッセーの最初の章だけ読んでみた。でも今はボードレールについて何か書きたいわけではなくて、ただこの西脇という人の文章がとても美しくて魅力的であるということを述べたいのである。

Read more...

posted by Yuuki at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。