01/14/2007

Adieu!

「またね」と言って微笑むことは、なんという残酷な欺瞞でしょう! 私たちは「さよなら」という言葉を発する決定的な勇気を持っていない。私たちの肺は脆弱で、喉は震え、唇は乾いている。「さよなら」はあまりにも重く、あまりにも茫漠に私たちの感覚にのしかかってきます。

しかし、「さよなら」から目をそらすことは決してできません。井伏鱒二が「花に嵐のたとえもあるさ、さよならだけが人生だ」と書いています。「さよなら」はすべての存在の影。すべての出会い、別れ、そして再会にさえも、「さよなら」は静かに寄り添っている。

そしてあらゆる言葉は「さよなら」から逃れえません。凡ての歌、祈り、そして沈黙は、「さよなら」の残響であって、「さよなら」の予感です。さよなら! ああ、そして「さよなら」はすべてことごとく「永遠のさよなら」なのです。もう、再び会うことはない。風景とも、人とも、自分とも。

「さよなら」は帰るべき家を持ちません。それはいつもよそ者で、いつも、いつまでもさまよい続ける。あてどなく、あてどなく孤独に。「来るべき者」、それは(いつも、いつまでも)地平の果てにいる。だから「さよなら」は太陽に、現在に、そして愛にさえ背を向けて歩きつづけるのです。

そんな「さよなら」でさえも抑圧して、再会の約束を交わすこと…私の心はここで、ついに破綻してしまいます。

さよなら!


posted by Yuuki at 22:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | Journal/Gibberish (-Spr. 07)

01/13/2007

敬愛なるベートーヴェン、あるいは裏切りという名の犬

いや、僕が冬休みの間に見た2本の映画のタイトルです(笑)。アエニスカ・ホランド監督の『敬愛なるベートーヴェン(原題:Copying Beethoven)』とオリヴィエ・マルシャル監督の『あるいは裏切りという名の犬(原題:36 Quai des Orfèvres)』。

Read more...

posted by Yuuki at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

01/10/2007

もはや電話ではない

毎年恒例のApple社主催のデヴェロッパ・カンファレンス、MacworldでApple製の携帯電話、“iPhone”がついに発表されました。(アジア進出は来年だそうですが。)

Read more...

posted by Yuuki at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Technology

01/09/2007

反復とZeit(スーパーエッシャー展レヴュー)

渋谷東急のBunkamuraザ・ミュージアムで1月13日まで開催中の「スーパー・エッシャー展:ある特異な版画家の軌跡」を観てきました。昨年のダリ回顧展の反省を活かして平日の午前中に。それでもかなり混んでましたが。

Read more...

posted by Yuuki at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

01/08/2007

王子へ帰ろう〜♪

シチューを作ろぉう〜♪ 駄洒落。うん。山崎まさよしの曲です。
引っ越してねぐらが王子に近くなったので近所を少しずつ探索しようと思っているのですが。

Read more...

posted by Yuuki at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | Uncategorized

01/07/2007

春にして朔太郎を読む・メモ

図書館で借りてきた『ちくま日本文学全集18 萩原朔太郎』をぱらぱらとめくる。散文が充実している。まだ青空文庫に公開されていない作品を中心に読む。

Read more...

posted by Yuuki at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

01/05/2007

すっとこどっこい、すっとこどっこい…

日本民間放送連盟(民放連)による“CMのCMキャンペーン”のテレビコマーシャルの「いいCMってなんだろう」編が最近気になってます。特にモデルの香椎由宇が出演してるやつ。よくできていると思います。

Read more...

posted by Yuuki at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | On the Media/Communication

01/04/2007

「死んではいけない」と言ってはいけない(2)

この前の記事では、“「死んではいけない」と言う行為”の意味の二つの可能性のうちの一つを考えた。一言で言ってしまえば、「何人も自殺してはいけない」ということが正しいという証拠はまったくないから、「死んではいけない」と言ってはいけない、と主張したのだった。

Read more...

posted by Yuuki at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

01/03/2007

“心の貧しさをどうにかする”



あけました、おめでとうございます。

“心の貧しさをどうにかする”というのが今年の目標、といえばまあ目標です。今考えただけなのですぐ忘れてしまうでしょうが。「どうにかする」と言ったって、どうしていいか見当もつきませんし。

とにかく、僕のようなダメ人間がいる、ということが僕にとって最大の謎の一つで、その謎は僕には解けないのです。なぜって、それは僕がダメ人間だからです。ただ、この謎は他の誰にも解けない。なぜって、他の人はダメ人間ではないから、この謎が謎たりえないからです。

写真のオブジェは祖母にもらいました。

正月三ヶ日のテレビで一年分は笑ったと思います。今から内Pスペシャルだし! これで一年間憂鬱でも大丈夫…だといいんですけどねぇ(はぁ)。

posted by Yuuki at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Journal/Gibberish (-Spr. 07)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。