08/27/2008

ヴィザが下りた

英国に学生として入国・滞在するための許可証、いわゆる学生ヴィザ(正式にはEntry Clearanceと呼ぶ)が先週の金曜に無事下りたので、おととい受理してきた。

082701.jpg

Read more...

posted by Yuuki at 04:16 | Comment(3) | TrackBack(1) | Journal/Gibberish

08/20/2008

『スカイ・クロラ』と『スカイ・クロラ』

先週の水曜日、新宿で『スカイ・クロラ』を観た。森博嗣による同名のシリーズを押井守が監督として映像化したもの。

Read more...

posted by Yuuki at 02:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Art

08/14/2008

おおたゆうき銀メダル!

盛り上がっているのかいないのかよくわからない北京オリンピックですが、フェンシングで日本の太田雄貴という選手が銀メダルをとりました。

Yahoo!サイト内のニュース


フェンシングに関してはな〜んにも知りませんが、同い年で、しかも名前が名前(漢字は違うけど)なので、この選手のことは大会前から知ってはいました。しかしまさか世界ランク1位の選手を準決勝でやぶり、日本選手としては個人・団体通じて初のメダルという快挙を成し遂げるとは! なんだかめでたい。

* * *

強く生きるには2つ方法があると思う。つまり、自分のために生きるか、誰かのために生きるか。アスリートには自分のため、という人と、誰かのため、という人がいる。

太田選手は、戦うのは自分のため、と明言している。水泳の北島選手もそんな感じだと思う。柔道の内柴選手は、今回のオリンピックを息子のために戦った。同じく柔道の谷選手は、独身時代は自分のために、結婚後は夫のために、そして出産後は家族のために戦ったのかもしれない。

僕個人としては、自分のために生きるということには限界があって、結局不可能なことなんじゃないかという気が強くする。「自分」なんてことはスカスカで、何の意味も価値もないものだと確信しているから、自分のために生きるなんて絶対に無理だと思う。ポジティヴな才能がなにかあれば、また世界も違ってみえるのかもしれないけど。

かといって、誰かのために生きるというのも、僕にとっては同じくらい不可能なことで、これは何故かと言えば、誰かのために生きるというのは生物的に考えて理解できない話だからだ。誰かのために生きるには、反理性的な信仰(これを俗に愛と呼ぶ)が必要だ。僕は結局自分のことしか考えていないし、自分のことしか感知しないから、無理だ。

強く生きるということと生きるということは実は同じことである。強く生きなければ、全く生きていないも同然である。ということで、僕には生きる道は閉ざされている。生きている人はすごい。

posted by Yuuki at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Journal/Gibberish

08/09/2008

『哲学の歴史 第11巻 論理・数学・言語』 飯田隆(責任編集)

去年の4月に刊行が始まり、今年の4月に本編全12巻が完結した、中央公論社の“本格的”な西洋哲学史(公式ページ)。一般向けの哲学シリーズとしては類を見ない壮大な企画で、執筆者も各分野の第一線で働いている人ばかり。装丁も整っていて、気合いが感じられます(欧文名が何故か仏語で『Histoire de la philosophie』なのがちょっとひっかかるけど)。

Read more...

posted by Yuuki at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

08/08/2008

死刑と希望

保岡法相が、日本での終身刑導入の議論に関して「希望のない残酷な刑は日本の文化になじまない」と言って否定的な考え方を示した(毎日新聞の記事)。曰く、「真っ暗なトンネルをただ歩いていけというような刑はあり得ない。世界的に一般的でない」。さらに曰く、「日本は恥の文化を基礎として、潔く死をもって償うことを多くの国民が支持している」。

Read more...

posted by Yuuki at 06:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Religion

父入院の件

今週の月曜日、父が入院した。手術は翌日の朝に行われた。詳細はここに書く必要はないので省くが、上がらなくなった左肩をあがるようにする内視鏡手術で、2時間ほどで問題なく終わった。

Read more...

posted by Yuuki at 06:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | Journal/Gibberish

08/03/2008

ドミヌス・イルルミナティオ・メア

いたばし花火大会に行ってきた! 結構な人出だったけれど、母親から指定席のチケットを貰っていたのでとても良い席で観ることができた。荒川の土手から見上げる花火はとても高くみえた。打ち上げ場所が近いからだ。覆いかぶさって来るように大きな尺玉も何発もあがった。きれいだった。

080302.jpg

Read more...

posted by Yuuki at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Journal/Gibberish
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。