02/23/2006

Update: フランス語 作文

La ville, vue de la colline par un après-midi d'octobre (opens in a new window)

15年近い学生生活の中でも最もありえない成績をとってしまった今学期最初のフランス語の作文課題をあえて晒します。過ちを笑いとばして、さっさと次に進むためです(笑)。

課題は300−400語で「三人称の視点から風景を描写する」というものでした。今回の敗因の最たるものは、この課題をもらった時、「成る程、情景を中心とした散文詩を書けということですな(ニヤリ)」と勝手に勘違いしたことです。もちろん、歩けもしない人間が走れるわけもなく、ましてや翼無しに空を飛ぶことなんて不可能なわけです。

その結果、フランス語の授業課題はフォーム(文法)のエクササイズであるということを完全に忘れ、文章のコンテント(内容)ばかりに気持ちがいってしまい、小学生なみの文法ミスを多発するという悲惨なドラフト(下書き)が出来上がったわけです。

ちょうどその時そういう感じの詩のアイディアが自分の中にあったので、それを書いてみよう、と無謀にも考えてしまったのがまずかった。英語で書くか日本語で書くか迷っていたアイディアで、それをフランス語でまとめようとしたもんのだから、三つの言語のパレットがごっちゃになってしまったのです。

これが返ってきたときは普通にショックでした。でも週末少したくさん寝たらすぐ良くなりました。僕ってそんなもんです。教授と話して、間違いを直して、清書を提出、これは見苦しくない成績をいただきました。

今回アップしたのはその清書です。文法の引き出しの単純さがありありとわかると思いますが、そこは一笑に伏して下さい。自分で読むと、日本語的なフレーズと英語的なフレーズが混じっていて、そこがまあちょっとはおもしろい、っていうか。暇ができたら翻訳して作品にしようかと思ってます。日本語にするか英語にするか迷うところですが…。

Current music: The Lark Ascending (Vaughan Williams), by Barry Griffiths (Vn.)/Andre Previn (cond.)/Royal Philharmonic Orch.


posted by Yuuki at 09:05 | Comment(5) | TrackBack(0) | Updates
Comments to this post
おお、副詞/副詞句の入れ方とかがすごく英語っぽい 笑
おれもがんばる、フラ語。
Posted by yokimura at 02/24/2006 00:03
Bon jour!! Je suis Kiyo. Comment allez vous??
Posted by Kiyo at 02/24/2006 00:05
>木村君
だよねー。最早書いてるときは何語で考えてたのかよくわかりませんが。
今度ドイツ語も少し教えてくらはい。

>Kiyo
さう゛ぁびえん、めるし。
Posted by Yuuki at 02/24/2006 00:51
めるし はありがとでしょ?
Posted by Kiyo at 02/25/2006 22:23
>Kiyo
そそ。Merci、ね。
"Ca va bien" は "It's going well" つまり、「調子はどう?」に対して「上々よぅ!」ってこと。"Ca va?" だけだと英語の"What's up?" と同じ感じ。
Posted by Yuuki Ohta at 02/25/2006 23:59
Post a comment
Name: [required]

Email:

Web:

Comment: [required]

Code: [required]


*画像の中の文字を半角で入力してください。
*Please enter the word in the image.


“Preview”で確認後、“Submit”で投稿して下さい。

Trackbacks to this post
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。