08/09/2008

『哲学の歴史 第11巻 論理・数学・言語』 飯田隆(責任編集)

去年の4月に刊行が始まり、今年の4月に本編全12巻が完結した、中央公論社の“本格的”な西洋哲学史(公式ページ)。一般向けの哲学シリーズとしては類を見ない壮大な企画で、執筆者も各分野の第一線で働いている人ばかり。装丁も整っていて、気合いが感じられます(欧文名が何故か仏語で『Histoire de la philosophie』なのがちょっとひっかかるけど)。

Read more...

posted by Yuuki at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

07/28/2008

『日本人の英語』 マーク・ピーターセン

著者のマーク・ピーターセン氏は、ワシントン大学大学院で日本文学を専攻した後、東京工業大学で正宗白鳥を研究、現在は明治大学政治経済学部教授という肩書きであるが、日本の大学受験生の諸君には、旺文社の『徹底例解・ロイヤル英文法』の英文校閲担当者としてよく知られているであろう。(この文、なんとなくトーンをそれっぽくしてみた・笑)

Read more...

posted by Yuuki at 03:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Language

07/18/2008

ハウファラウェイ is it?

英語で“How far away is Ueno station?”と言えば、「上野駅までは(ここから)どれくらい(の距離)ですか」というほどの意味である。僕が英語を教えている生徒の一人は、この表現の中の“away”という言葉の意味がよくわからないという。

Read more...

posted by Yuuki at 14:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Language

06/30/2008

Some reference SEP entries for Lewis's _Convention_

Here are some entries from the Stanford Encyclopedia of Philosophy (SEP) that may come in handy in reading (from a slightly more philosophically inclined point of view) David Lewis's Convention.

Read more...

posted by Yuuki at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

06/26/2008

人生も八割方オリバン

演奏家や音大生の間では、コンサートなどで演奏することを「ノル」、演奏しないことを「オリル」という動詞で表し、自分が演奏に参加する曲目は「ノリバン」、参加しない曲目は「オリバン」という言葉で表すそうです。例えば「弦のエキストラの人は、休憩後のシンフォニィまでオリバンです(つまり、コンサートの後半まで出番がない)」というような使い方をするそうです。

Read more...

posted by Yuuki at 03:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

06/22/2008

本文以外からはじめる哲学(『哲学の教科書』 中島義道)

哲学の入門書というのは掃いて捨てるほど出版されていますが、その中でも僕が気になっていたのは中島義道の『哲学の教科書』(講談社学術文庫1481)です。最近までは、本屋で目次を読んで、本文はパラパラと30秒ほど眺めてみただけで「うむ、これは良書に違いない」と思い込んでいたのですが、これではいかんと思いようやくちゃんと読みました。

Read more...

posted by Yuuki at 04:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

06/16/2008

「忘れもの」を忘れる

堺正章15年ぶりのシングル『忘れもの』。この曲が主題歌であるテレビドラマ『無理な恋愛』は観ていないけれど、曲そのものは爆笑問題のラジオでこれでもかと推されているので発売前からよく聴いている。

Read more...

posted by Yuuki at 02:54 | Comment(6) | TrackBack(0) | On Language

01/21/2008

「ことばには、意味がある。」の意味について

十年ぶりに全面改訂された『広辞苑 第六版』が先日発売されましたが、一般的にどれほど話題になっているのか、インターネット上の情報だけでは今ひとつ伝わってきません。

Read more...

posted by Yuuki at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

12/27/2007

書くこと、そして考えること

アメリカの大学の哲学専攻としてはそれほど珍しいことでもないと思いますが、僕は今学期はいわゆる期末テストというのは一つもなくて、そのかわりテスト期間中に提出の論文が4本、というスケジュールでした。

Read more...

posted by Yuuki at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

09/25/2007

「すてきなセーターですね」

日本語のクラスをとっている友達に、「すてきなセーターですね」という文の中の「すてきな」とは「nice」という意味だよね?と訊かれた。

Read more...

posted by Yuuki at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

09/07/2007

「マクドナルドはどこですか?」

今日図書館にあるカフェでコーヒーを飲んでいたら、後ろのテーブルで、中国人の学生が日本人のチュータ(家庭教師みたいに個人指導をする人)に日本語のレッスンを受けているのに気がついた。

Read more...

posted by Yuuki at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

07/24/2007

思いやる心、の言葉

誰かを思いやるというのは、その人の心情を推し量って、その人の立場に立って物事を考える、ということだ。

Read more...

posted by Yuuki at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

06/09/2007

瓢箪(ひょうたん)の冗談

夏休みが始まってからというもの、働きもせず、勉強もせず、趣味に打ち込むこともなく、僕は川面をぷかぷか浮かんで流れる瓢箪のように暮らしていました。

瓢箪の川流れ:あてもなくぶらぶらしているようすのたとえ。)

Read more...

posted by Yuuki at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

06/02/2007

言う、話す、伝える

言葉は行為である。(ca. 1945; p.125)
言う、話す、伝える、ということを、言語によるコミュニケーションの三つの段階として区別することができる。それぞれの段階に特有の問題、難しさがあって、それらはことごとく決定的である。つまり、私が誰かになにかを伝えようというとき、そこには三重に障壁がある。あらゆる意志を打ち砕くような、途方もなく高く、重厚な壁。

Read more...

posted by Yuuki at 02:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

05/29/2007

How to say "Happy birthday!" and mean it

Last week two of my acquaintances had their birthday. On both occasions I failed to say to them "Happy birthday!" It was just a matter of sending a short note; why should it be so hard? What does it take for this communicative act to be successful?

Read more...

posted by Yuuki at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

04/18/2007

Guns, words, prayers, condolences

I've never seen the blood,
I've never seen the dead.
I've never heard the cry,
I've never heard the dead.
I've never touched the gun,
I've never touched the dead.

Read more...

posted by Yuuki at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

03/30/2007

レモンが果物でなくなることは可能か

「Yuuki Ohta」というのは「アリストテレス」とか「安倍晋三」とかと同じように、固有名と呼ばれる言葉である。固有名はほかの何物でもない何かを指示するという。

Read more...

posted by Yuuki at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

01/04/2007

「死んではいけない」と言ってはいけない(2)

この前の記事では、“「死んではいけない」と言う行為”の意味の二つの可能性のうちの一つを考えた。一言で言ってしまえば、「何人も自殺してはいけない」ということが正しいという証拠はまったくないから、「死んではいけない」と言ってはいけない、と主張したのだった。

Read more...

posted by Yuuki at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

12/22/2006

「死んではいけない」と言ってはいけない(1)

相次ぐ若い人の自殺をうけて、『死んではいけない』と銘打たれた本があるテレビ番組の企画で出版された。僕はこの本を読んでいないし、内容はよく知らない。ただ、「死んではいけない」というメッセージが直感的に気に障る。何かが間違っているように感じる。大変に嫌らしいタイトルだと思う。「死んではいけない」と言ってはいけない。

Read more...

posted by Yuuki at 09:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | On Language

12/09/2006

自殺に関するメモランダム(3)

ついに「生まれ変わる」という内容の遺書を残して自殺した中学生がニュースになった。「大人」はもちろん、いろいろなことを言ってこの不幸な子どもを批判する。例えば、次のように。

Read more...

posted by Yuuki at 16:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | On Language

12/02/2006

いじめと自殺に関するメモランダム(2)

いじめと自殺について、今日、誰が、どこで、何を、どのように語ればいいか、語れるのか? そもそも、いじめと自殺について語るということは一体どういうことか? この恐ろしい問いに直接向き合って考える勇気があなたにあるなら、少し難しいかもしれないけれど、最後まで読み進めてほしい。

Read more...

posted by Yuuki at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | On Language

11/27/2006

なんだかんだいってデリダは天才

なんだろうなぁ〜、と思う今日この頃。え、なんでって? だって読んでもさっぱりわかんないんだもん(笑)。

Read more...

posted by Yuuki at 12:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | On Language

11/20/2006

仲間に入れる、仲間に容れる

最近友達の日記に頻出している単語、「ES」が「エントリ・シート」の略であることを割と最近知った。つまりは、それぞれの企業に特化した詳しい履歴書のようなもの(だと思う)。

Read more...

posted by Yuuki at 04:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

11/10/2006

喩えて言うなら

誰かの名を呼ぶなら
いつかあの日
野に咲く花を摘んだ
その右手を
幼い子どものように
一番近くの
空をつかむように
言葉のすべてに
許された気持ちで
形を持たない声の
導くままに
心溶かす風に
身をまかせて
君の名前を呼ぶなら

Read more...

posted by Yuuki at 19:22 | Comment(7) | TrackBack(0) | On Language

10/22/2006

"You can't have your cake and eat it too."

An interesting idiomatic expression. It means, according to the Oxford American Dictionary, "you can't enjoy both of two desirable but mutually exclusive alternatives."

When I first got to know this expression (long time ago), it didn't make sense to me. Surely, I thought, you can have your cake, and then eat it. In fact, logically speaking, you must first have your cake in order to eat it. I was getting the temporal framework wrong.

The fact that the possession of a cake and the consumption of it are presented here as equally desirable alternatives is interesting. Given the common sense fact that eating cake is good, it suggests that mere having of a cake is good (because "having" here, I believe, isn't just "keeping" it for later).

This in turn implies that a cake is a luxury, something valuable in a different way than as a source of nutrition. Indeed, in Republic, Socrates suggests that the difference between a healthy city and a luxurious city consists in paintings, pastries and prostitution.

Supposedly the original formation of this expression had the verbs other way around, namely: "You can't eat your cake and have it too." This construction seems better if one is to intuitively grasp the meaning. But then why the reversal? Perhaps it reflects some cultural shift in values, as in the transition from the healthy and primitive to the luxury and civilized. Perhaps it doesn't.

Anyway, I have neither had nor eaten cake for quite a while. Though I think I like cakes. How do I know? I don't know, but I believe I like 'em.

posted by Yuuki at 04:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

10/17/2006

Philosophy (or, a piece of sentence) at hand

For a long time I've been interested in the (mostly accidental) philosophical insights expressed in innocent expressions of everyday life, such as conventional phatic remarks, children's words, and fortune cookie sayings.

Regarding the many fortune cookie sayings I have encountered, my best is:
"Life is too short to say yes to everything"
A profound (and perhaps somewhat sad) truth. I was thunder-struck when I got this one. I put this saying as one of my quotes in my high-school yearbook.

Recently I've encountered:
"A smile increases your face value"
Do you see the subtle irony and the mild play of words (albeit probably unconscious) here? I love it.

posted by Yuuki at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

10/15/2006

Polysemy of honor

The English word "honor" has many meanings. It's interesting. I don't think I know what it means.

Read more...

posted by Yuuki at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

10/02/2006

In defense of first-person pronouns

You learned in high school (perhaps even in middle school) that you should not use first-person pronouns (I, we, me, etc.) in academic writing; this was one of the very basic rules.

Read more...

posted by Yuuki at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

09/23/2006

Present/Present, Se présenter/Présent(e)

A quite hectic week got around me. I hectically got around it. Or I got it around. Or however you have it. It has been a week of presentation.

Read more...

posted by Yuuki at 18:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | On Language

09/13/2006

Analytic richness of German words

In IT we are reading some Wilhelm Dilthey, a very important figure in the history of Hermeneutics, filling the gap between Schleiermacher and Gadamer.

Read more...

posted by Yuuki at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

09/05/2006

Philosophical way of speaking

One of the things I noticed recently is that, in philosophy class, some people try to speak in an unnecessarily difficult way, using many intellectual-sounding polysyllabic jargons.

Read more...

posted by Yuuki at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

08/29/2006

Descartes' Meditations re-re-re-revisited

It's always interesting (that is, quite amusing) to see people discuss Descartes' First Meditation, or Skepticism in general.

Read more...

posted by Yuuki at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

08/08/2006

話す・聞く・教える・教わる

昨日は飲み会で、朝までカラオケにいて、今日はコンクールを明日に控えた出身中学校の吹奏楽部の練習にお邪魔してきた。人とたくさん話をした。

Read more...

posted by Yuuki at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

07/22/2006

「超」おしとやかな「真理」に「さよなら」を

」という接頭辞は本来名詞の前にしかつかないけど(超人、超音速等)、今ではもうこれを形容詞の前につけるのはあたりまえになった。「超イイ」「超かわいい」「超ウザい」などなど。

Read more...

posted by Yuuki at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

07/14/2006

「オチ」のない話

この前『トリビアの泉』で学んだんだけど、女性から見て、女性が話し終わった後に「…で、オチは?」と訊く男はデリカシーがないんだって。

Read more...

posted by Yuuki at 22:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | On Language

07/13/2006

「きわめて深刻な発言」――ジダンは何をしたのか

自らの引退試合を最高の形で終えるはずだったフランス代表のサッカー史上屈指の名プレーヤー、ジネディーヌ・ジダンがマテラッツィに頭突きを見舞ったドイツワールドカップ決勝戦終了直前のシーンはなぜこんなにも衝撃的なのだろうか。

Read more...

posted by Yuuki at 18:01 | Comment(4) | TrackBack(1) | On Language

07/08/2006

僕が自分で私が俺で

大抵の場合、僕は僕のことを「」と呼んでます。これは友達、家族、他人、誰と話しているかに関わりなく同じで、文章を書いている時も大体同じ。

Read more...

posted by Yuuki at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

07/02/2006

モノとコトとナニ

日本語には「物」(もの)「事」(こと)の区別がある。でも英語にはないんだよね。多分フランス語にもない。と思う。

Read more...

posted by Yuuki at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

06/30/2006

性別と数(複数形)

日本語に性と主語による動詞の活用がないのは素晴らしいと思うけど、(単数・複数の区別)がないのはよく考えると驚きである。ものが単数か複数かは単語レヴェルで示す価値があると思うから。

Read more...

posted by Yuuki at 02:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Language

06/04/2006

「コトバのチカラ」のチカラとコトバ

身体の調子が悪くなるとコトバを信じることができなくなるのかな、と最近感じた。もともと哲学専攻でコトバに対して一般に懐疑的なのに(笑)。

Read more...

posted by Yuuki at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

06/03/2006

「亭主の赤烏帽子(あかえぼし)」

ってことわざ知ってる? 僕は知らなかったんだけど。

kotowaza ehon

Read more...

posted by Yuuki at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

05/20/2006

「地元」がなくなっていくこと

うちのアパートの一階に入っていたコンビニがなくなってしばらくたつのだけど、この春はさらに、となりにあった別のコンビニが閉店した。で、不便になったなあと思っていたら今度は王子にあるゲームセンタ、ZYX(ジークス)が閉店したということを知った。

Read more...

posted by Yuuki at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

05/17/2006

心温まる言葉のお話(?)

正しい日本語」についていろいろな人がいろいろなことを言うとき決まって槍玉にあげられるのがコンビニやファミレスの店員の言葉遣いだと思うのだけど、今日近所のコンビニであったのはこんなこと。

僕がジャージャー麺をもってレジにいくと、店員さんはこう僕に尋ねたのです。「お弁当アッタメは? どうしますか?

Read more...

posted by Yuuki at 18:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Language

04/21/2006

Les différentes sortes de difficulté

This semester I have read some of the most influential and important articles and books written in the 20th century on various so-called "humanities" disciplines.

Read more...

posted by Yuuki at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

04/14/2006

Emplois de l'infinitif: "de" ou "à" ou rien?

"Il n'existe pas de règles strictes gouvernant..." (there aren't any strict rules governing), or, "tout dépend de l'usage et du sens" (everything depends on the usage and the sense), are the phrases which foreign language learners dread.

Read more...

posted by Yuuki at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

04/05/2006

Argument by imagination

The other day, in HAP, we were discussing what the linguistic status of the sentence "all men are mortal" was.

Read more...

posted by Yuuki at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

04/04/2006

「なぞなぞ」の謎

2回連続でヴィトゲンシュタインネタもどうかと思うんだけど(笑)… まあでもこれは前の記事よりずっととっつきやすい話題。

Read more...

posted by Yuuki at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

04/03/2006

トラクタトゥスの梯子:語りえぬものについては…?

Tractatus Logico-Philosophicus

今週HAPでヴィトゲンシュタインの『論理哲学論考(Tractatus Logico-Philosophicus)』を読み終えた。Routledge Classicsのエディション(写真)は装丁が(アメリカの本にしては)エレガントでよろしかった。

Read more...

posted by Yuuki at 02:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Language

03/26/2006

"Die Welt ist alles, was der Fall ist."

That's the proposition by which Wittgenstein opens up his Tractatus Logico-Philosophicus, one of the most cryptic works of philosophy in the 20th century.

Read more...

posted by Yuuki at 01:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Language

03/25/2006

ルードヴィヒおじさんの思い出

世界は狭いなぁ、って思うことは度々あって、それは数学的にも研究(Small World Network理論というらしいよ)されてるからいいのだけど、たまに歴史に残るようなすごい人の「足跡」的なものを発見すると、ああ、この人実在する人間だったんだぁ、と変に驚いてしまうのです。

Read more...

posted by Yuuki at 06:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

03/05/2006

漢字/言葉 バトン(from Kiyo)

Kiyoからまたバトンが回ってきました。やります。「漢字バトン」として回っているものの変種のようです(伝言ゲームと同じで、バトンも回される過程で微妙に変化しているようです)。

Read more...

posted by Yuuki at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

02/22/2006

「それは何ですか?」

をドイツ語で言うと、
Was das ist denn?
だそうだ(直訳すると「あれは何であるか?」)。発音を無理矢理カタカナで表記すると「ヴァス・ダス・イスト・デン」となる。何となく「バスガス爆発」を思わせる。

Read more...

posted by Yuuki at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

02/16/2006

ドイツへ行きたしと思へども

ドイツはあまりに遠し
せめては新しき背広をきて
気ままなる旅に…(以下略)

でも最近ほんとに、僕はなんでフランス語やってんだろ?ってくらいにドイツに惹かれてます。

Read more...

posted by Yuuki at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language

02/08/2006

「間違い」を翻訳する

文章を読むとき、文法上の「間違い」と「ルールを越えたスタイル」との違いは何だろう? どうやって区別しているのか? 少なくとも現象的にはこの二つは同質のものと思われる。

Read more...

posted by Yuuki at 18:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Language

01/24/2006

Dawn of mathematical philosophy

Reading Gottlob Frege's The Foundations of Arithmetic, for HAP (History of Analytic Philosophy). Fairly difficult, and fairly interesting.

Read more...

posted by Yuuki at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Language
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。