12/30/2007

音楽とメッセージ

ノーマティヴ(規範的)な意見を述べたいのではないけれど、音楽をメッセージとして考えることに関して僕は少し懐疑的だ。曲や演奏を通して聴取者に何かを伝えたい、と考えるのは、音楽の“本質”をはき違えることではないか、と僕は感じる。

Read more...

posted by Yuuki at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

07/22/2007

La mémoire qui ment

Ou plutôt celle à qui je mens? Que ce soit l'un ou l'autre, la question à poser: la photographie à quoi sert-elle par rapport à la mémoire?

Read more...

posted by Yuuki at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

05/30/2007

CM音楽アレンジの妙(キリン生茶「醍醐味」)

僕はどちらかと言えば伊右衛門派なのですが、キリン生茶の新商品「醍醐味」のTVCMがとても印象的なのでそれについて少し。

Read more...

posted by Yuuki at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

05/16/2007

音を聴くこと、音楽を聴くこと

僕は最近までクラシックの声楽というのがどうにも苦手で、歌曲を聴きはじめたのも大学に入ってからのことですし、宗教曲を含めた合唱曲の分野はまったく未開拓なのですが、最近エリック・ウィテカー(Eric Whitacre)というアメリカの若い現代作曲家を知りました。

Read more...

posted by Yuuki at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

04/16/2007

高橋悠治の「ことば」と「うた」

20Mのプロジェクトでクセナキスの音楽について調べていて、水牛のサイト内で高橋悠治さんの文章を拾い読みしているのですが、氏の言葉はとてもきれいで深くて、勝手に感動してます。

Read more...

posted by Yuuki at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | On Aesthetics

03/24/2007

「汚れた手」の問題

現代倫理のクラス(CE)で「汚れた手」の問題というのを勉強したのですが、それと関連してG. E. M. Anscombeの“Mr. Truman's Degree”と、Thomas Nagelの“War and Massacre”という論文を読みました。この二本はなかなか素晴らしかったです。

前者は、1956年、オックスフォード大学が、広島・長崎への原爆投下を指示したアメリカのトルーマン大統領に名誉学位を与える計画を発表した時に、当時オックスフォードで研究員だったAnscombeがこれに激しく反対して書いたもの。一方、後者は、ヴェトナム戦争が泥沼化した1972年にNagelが書いたもの。

何が良いっていうと、「熱さ」です。内容はさておいて、パッション。倫理哲学者としての任務感、またそれ以上に倫理的に生きることへの厳しい自覚のようなものがひしひし伝わってきました。道徳について深く考えて、自分の結論を心から信じるってことです…。

Anscombeの論文は厳しい体制批判が含蓄されているので、どこの出版社も印刷に消極的でした。結局彼女は論文をパンフレットとして自費出版し、自らキャンパスでそれを配ったそうです。熱いなぁ、カッコ良いなぁ、と思うわけです。

この二人の主張は、単純に「戦争はいけない」ということではなくて、たとえ戦争においても、単なる功利主義的な計算を越えた道徳のルールがある、ということです。具体的には、戦争中、直接的に無害な市民の命を奪うことは許されない殺人であるということです。

そして僕はただこの二本の論文の熱情に感心したといっているだけで、特に戦争や殺人に関して意見を述べてるわけではないです。「戦争は是か非か」とか「(いかなる場合においても)人を殺してはいけないか」とかいった問いに対する僕の答えは一律して「わかりません」です。

だから、僕はただ、戦争や殺人にはできるだけ関わらないでいたいだけです。これが僕が(ある意味で)倫理にまったく興味がない理由の一つです。僕はAnscombeやNagelと違って「なまぬるい」人間なのです。

posted by Yuuki at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

03/19/2007

Spellbindingな装丁



J. L. オースティンの"How to do things with words(邦題:『言語と行為』)"とクリプキの"Naming and Necessity(邦題:『名指しと必然性』)"の写真。最近読んだ本です(クリプキはちょっとだけ)。

前者は1951年、ハーヴァード大学での講演、後者は1970年、プリンストン大学での講演。分析哲学にでは、どちらも20世紀後半で五本の指に入るくらい重要な著作です。

文字だけのシンプルな装丁が良い印象です。本物は飾り立てる必要がない、というか、飾り立てようがない、というか…。

posted by Yuuki at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

12/30/2006

音楽が僕を殺す日(The day music puts me to death)

本来ならば、一年を振り返って来年はもっと良い年にしよう!という記事を書くべきです。でも自分の一年を振り返ると、果たして僕は今年も一体何をやっていたんだろう…なんて暗い感じになってしまうので、それはやめます(はぁ…)。

Read more...

posted by Yuuki at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

11/24/2006

小西真奈美ってどーしてあんなにかわいいの?

小西真奈美が髪をバッサリ切った!、ということがニュースになっていました。いくら芸能人とはいえ髪を切ったくらいでそんな大げさな、騒ぐでない皆の衆!と高を括っていたら…

Read more...

posted by Yuuki at 10:05 | Comment(6) | TrackBack(0) | On Aesthetics

11/22/2006

あれ、この曲なんだったっけ…?



…って時、ないですか? 僕は結構頻繁にあります。

Read more...

posted by Yuuki at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | On Aesthetics

11/02/2006

Illusions perceptuelles

Vous passez les nuits du fin automne sans beaucoup de sommeil? Amusez-vous avec quelques illusions perceptuelles que j'ai trouvés sur le Web.





Read more...

posted by Yuuki at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

11/01/2006

ともだち、ひとり

To live alone one must be a beast or a god, says Aristotle. Leaving out the third case: one must be both――a philosopher.

(Nietzsche, Twilight of the Idols "Maxims and Arrows," 3)


独りきりで生きるためには、人は獣か神にならなければいけない、とアリストテレスは言った。しかしもう一つ、可能性が残っている。即ち、獣と神に一度になることーー哲学者になること!

(ニーチェ 『偶像の黄昏』 “金言と矢” 3)

Read more...

posted by Yuuki at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

10/24/2006

Meditation on Ring and Representation

Friday early evening, I got on a bus, and saw some of my fellow third-year students, attired nicely, coming back from the Third-year Class Ring Ceremony.

Read more...

posted by Yuuki at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

10/23/2006

超絶技巧とヴィルトゥオシティ(の違い)

人間業とはとても思えない」演奏ってのがあって、はたしてそれが芸術の経験に関してどういう意味があるのか、作品の価値とどう関連するのかってことなんですけど。

Read more...

posted by Yuuki at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

08/18/2006

孤独について考える、少しだけ孤独に

人は独りでは生きていけない」とよく言うけど、それは本当か。本当ならどうしてそうなのか。

Read more...

posted by Yuuki at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

08/05/2006

同鍵連打/言葉のcarnival

ピアノの話ね。同じ音を均質に速く連続で弾くこととか、そういうパッセージのこと。

Read more...

posted by Yuuki at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

07/17/2006

「オチ」のない話、のオチ

先日このポストで「オチ」のない話について少し考えてみたんだけど。まず「オチ」というのははボケとツッコミのペアとして見ることができることがわかった。ところが、日常生活の中では「ボケ(意外な展開)」があっただけで話の「タネ」にはなってしまうので、結果として「ツッコミ(結論・解決)」がなくて「オチ」のない話が生まれてしまう、という結論に達した。

Read more...

posted by Yuuki at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

07/07/2006

我が心のオリジナルアルバム

オリジナルアルバム」という表現は今では今でも使われているのだろうか。今の中高生は自分のお気に入りの「オリジナルアルバム」を持っているのだろうか。

Read more...

posted by Yuuki at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

06/30/2006

世界の舞台でプレーすること:ベッカムの場合

ベスト8が出そろったドイツワールドカップの盛り上がりは世界中で最高潮に達しようとしています。準々決勝が始まる今夜、超ワールドクラスの闘いが繰り広げられる前に、ここまでの大会で個人的に印象に残っている隠れた名場面ともいうべき瞬間を紹介したいと思います。

Read more...

posted by Yuuki at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

06/15/2006

ヒラリー・ハーンの『パガニーニアーナ』

先週の木曜日に東京オペラシティで行われた ヒラリー・ハーンのヴァイオリン・リサイタルに行ってきた とても素晴らしい演奏だったから プログラムのすべての曲に関して すでに多くの人が詳細に感想を綴っている 僕が今更素人目線からなにか書いても仕方がない

Read more...

posted by Yuuki at 01:23 | Comment(3) | TrackBack(2) | On Aesthetics

06/05/2006

Es ist sehr tief.

本当は日本対マルタ戦について書こうと思ってたわけさ。でもさ、

Read more...

posted by Yuuki at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

04/10/2006

第三項音楽進化論ゼミ

月曜日から東大で音楽家の渋谷慶一郎さんと複雑系研究者の池上高志さんによる『第三項音楽進化論』というレクチャが始まります。木村君と成田が運営してます。学外からの聴講は自由だそうなので興味のある方はのぞいてみてはいかがかと。僕も帰ったら遊びにいきたいと思ってます。てかゲストも豪華。

 When: 月曜五限(16:20-17:50)
 Where: 東京大学駒場キャンパス・5号館522号教室
 What: 第三項音楽進化論セミナ
 Who: 講師の渋谷慶一郎さん、池上高志さんと生徒のあなた
 Why: おもしろい話と音が聴けるから…あと東大1、2年生なら単位も

渋谷氏のレーベル、ATAKのサイトはこちら。詳しい情報はここから。
ゼミの特別ブログはこちら。授業の音声・動画もUPされるようです。ナイス!

posted by Yuuki at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

04/06/2006

ダイエットは趣味か否か

mixiのプロフィールには当然ながら自分の趣味を特定する欄があり、24項目のカテゴリを幾つでもチェックする事ができるのだけど、その中に「美容・ダイエット」というのがある。

Read more...

posted by Yuuki at 15:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Aesthetics

03/20/2006

Ichiro's daring aesthetics

Here's some of the comments Ichiro Suzuki, one of the very best athletes throughout the history of baseball, has made regarding WBC. Read and see what you think of them.

Read more...

posted by Yuuki at 08:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Aesthetics

02/07/2006

Nietzsche's Worth

Nietzsche is awesome, sure. But he isn't, I'd say, immense in the sense Hegel is. Can we appreciate the philosopher himself as an ästhetisches Phänomen?

Read more...

posted by Yuuki at 17:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Aesthetics

02/04/2006

春マフラ

昔はマフラというのがどうも苦手で。お子様だったのでマフラをファッションとして理解することができず、防寒具としては無駄な抵抗では?と思っていたのです。東京程度の寒さなら必要ないのではないか、と。

Read more...

posted by Yuuki at 04:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

12/30/2005

Musical music

A quote of the day from my personalized Google start page, by John Cage:

Read more...

posted by Yuuki at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Aesthetics

12/28/2005

Looking for a rainbow

If you've looked at my web pages, at some point you probably realized that I have little artistic sense of color.

Read more...

posted by Yuuki at 22:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | On Aesthetics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。