10/23/2008

大井浩明ベートーヴェンツィクルス(第二期=第六回〜第十回公演)

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲とリスト編交響曲全9曲を作曲年代ごとに8台のフォルテピアノで弾きわける、大井浩明さんによるベートーヴェンツィクルスの第二期が今月末の第6回公演で始まります。お知らせをメールでいただいたので以下に引用します。

Read more...

posted by Yuuki at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

09/19/2008

大井浩明ぷれいず貝多芬

クセナキスなどの現代音楽演奏で有名で、近年は古楽器演奏にも力を注ぎ、今年の春からは“時代順・様式別フォルテピアノ8種類による、ベートーヴェン・ソナタ全32曲ならびに交響曲(リスト編独奏版)全9曲ツィクルス”を開始した大井浩明さん。ライヴ録音は順にCD化される予定ですが、その第一弾が2枚、10月末に発売されます。クラヴィアソナタ第9番から第14番までです。

詳しくは氏のブログ記事をご覧下さい。

ええと、実はこの2枚のCDの英文解説を僕が執筆しています。長い夏休みの終わりに、てんやわんやになりながらもなんとか書きました。ぜひ皆さん読んで下さい(笑)…いや、本当は解説などどうでも良いのですが、とにかく演奏を聞いてみて下さい(iTunes Stoneでの配信もCDに先行して行われる予定)。ピリオドのフォルテピアノの響きも大井さんの演奏も、新鮮な驚きの連続です。

ソナタに関しては、ドイツのボン・ベートーヴェン研究所のサイトで初版譜が閲覧できます。子どもの頃のピアノレッスン以来ベートーヴェンには飽き飽き、という方も是非、楽譜を見(なおし)ながら、若さと野心溢れる(でも病気がちな)ベートーヴェンを再発見して頂きたい。

posted by Yuuki at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

08/20/2008

『スカイ・クロラ』と『スカイ・クロラ』

先週の水曜日、新宿で『スカイ・クロラ』を観た。森博嗣による同名のシリーズを押井守が監督として映像化したもの。

Read more...

posted by Yuuki at 02:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Art

07/15/2008

『なぞなぞライオン』 佐々木マキ

『赤ずきん』というおはなしは、だれでもしっているとおもいます。おばあさんのおうちにおみまいにいくとちゅう、赤ずきんがみちくさをしていると、オオカミにあいます。赤ずきんはオオカミに、おばあさんのいえがどこにあるかをおしえてしまいます。それで、オオカミはさきまわりして、おばあさんをたべてしまいます。

Read more...

posted by Yuuki at 23:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Art

07/14/2008

イアン・ボストリッジのシューベルト録音@EMIのまとめ

僕の耳にとってはほとんど唯一無二のテナー(the one and only tenor)、イアン・ボストリッジによるシューベルトの新譜がEMIからつい最近発売されました。ピアノは盟友レイフ・オヴェ・アンスネス。さっそくiTunes Storeでポチって聴いています。

Read more...

posted by Yuuki at 03:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

05/24/2008

Keith Jarrett Solo 2008

Keith Jarrett Solo 2008. #169. Keith Jarrett (pf.). Friday, 24 May 2008. 東京芸術劇場大ホール.

Listening and talking. Simultaneously. From void to water from water to rainbow. The moment of silence. The moment of silence becoming sound. The moment of sound becoming music. The moment of music becoming music. From music to music to music. Through music. Through music of silence. Through silence's music.

Read more...

posted by Yuuki at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

02/26/2008

ラブレーとニーチェ、モリエールとコバケン

仏文の授業で「Le Rire: A study of laughter」というのをとっていて、これはフランス文学史における“笑い”(特にコメディー)の歴史を辿るクラスです。

Read more...

posted by Yuuki at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

02/17/2008

ピアノを見よう、聴こう、考えよう

先週の土曜日はCUSO(シャーロッツヴィル&ユニヴァーシティシンフォニーオーケストラ)の定演で、ブラームスの『ピアノ協奏曲第1番ニ短調』を聴きました。

Read more...

posted by Yuuki at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

01/28/2008

スモーラ・イズ・ビューティフル

Inaugural Concert: The Chamber Orchestra of Charlottesville. Sat. Jan. 26, 2008. Old Cabell Hall, University of Virginia.

シャーロッツヴィル室内楽オーケストラの創設コンサートに行ってきました。演目は、まずモーツァルトの『交響曲第17番ト長調(K.129)』とコープランドの『クラリネット協奏曲』、休憩をはさんでプッチーニ(ドリュー編)の『菊』、そして最後にシューベルトの『交響曲第5番変ロ長調(D485)』でした。

Read more...

posted by Yuuki at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

01/07/2008

モーメント・フレーム・ミュージック(ムンク展レヴュー)

(ムンク展. Edvard Munch: The Decorative Projects. 国立西洋美術館. 2007年10月6日―2008年1月6日)

010601.jpg

上野公園の国立西洋美術館で今日まで開催していたムンク展を観てきました。開館直後に入りましたが、やはり最終日ということでかなり混雑していました(さすがにダリ展ほどの熱狂ではありませんでしたが)。

Read more...

posted by Yuuki at 03:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

10/11/2007

Der Traum ist ausgeträumt.

Tuesday Evening Concert Series: Christian Gerhaher & Gerold Huber. Die schöne Müllerin, op.25, D795. Tue. 9 Oct., 2007. Old Cabell Hall, University of Virginia.

シューベルトの『美しき水車小屋の娘』を、クリスティアン・ゲルハーヘルの歌(バリトン)とゲロルト・フーバーのピアノで聴いてきました。『水車小屋』は、特に去年の春先は取り憑かれたように聴いていた作品です。

Read more...

posted by Yuuki at 10:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Art

09/02/2007

新宿駅・日暮里駅のガムテープ案内



工事中の駅構内での利用客誘導、という一時的な目的を果たすために、ここまで完成度の高い「作品」を、ここまでのこだわりを持って、自発的に、しかもその道のプロでもなんでもない警備員のおじさんがやってのけてしまう、という、まあこれが日本の職人気質なのか。

Read more...

posted by Yuuki at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

08/25/2007

大井浩明ピアノリサイタル@eX.5

(eX.5. Hiroaki Ooi Piano Recital. Thurs., Aug. 23, 2007. Harajuku Aco-Studio, Tokyo.)

夏休み最後の思い出は、やっぱり音楽で。大井浩明さんのピアノソロリサイタルを観てきました。作曲家の川島素晴さんと山根明季子さんの主宰する現代音楽のシリーズ「eX.」(エクスドット)の第5弾です。

Read more...

posted by Yuuki at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

08/07/2007

僕がコカコーラを飲んでダウンロードした音楽

コカ・コーラ製品についてくるシリアルナンバでiTunesミュージックダウンロードが当たるキャンペーン(公式ページはこちら)、僕は今日まで23ポイントで5曲分当たりました。それでダウンロードした音楽を紹介します。

Read more...

posted by Yuuki at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

06/08/2007

Hiroaki Ooï plays Bach

Last Monday I went to a cembalo (or "harpsichord") recital by Hiroaki Ooï, which was part of the third Mejiro Ba-Rock Music Festival ("Ba-Rock" literally means "place-rock" and is a pun on "Baroque").

Read more...

posted by Yuuki at 04:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

05/25/2007

飛ばない豚はただの豚。では飛ぶ豚は何故飛ぶのか?(『紅の豚』)

金曜ロードショーで『紅の豚』観ました。ヘタしたら十年以上ぶりくらいかもしれません。とってもハードボイルドで、最近のジブリ作品の傾向を考えると新鮮でした。

Read more...

posted by Yuuki at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

04/15/2007

「打楽器の夜」コンサート

大学のパーカッション・アンサンブルのコンサートに行ってきました。ディレクタはCUSOの首席打楽器奏者、I-Jen Fangで、今回はFree Bridge Quintetのドラマ、Robert Jospéがゲスト参加しました。

Read more...

posted by Yuuki at 02:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Art

01/13/2007

敬愛なるベートーヴェン、あるいは裏切りという名の犬

いや、僕が冬休みの間に見た2本の映画のタイトルです(笑)。アエニスカ・ホランド監督の『敬愛なるベートーヴェン(原題:Copying Beethoven)』とオリヴィエ・マルシャル監督の『あるいは裏切りという名の犬(原題:36 Quai des Orfèvres)』。

Read more...

posted by Yuuki at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

01/09/2007

反復とZeit(スーパーエッシャー展レヴュー)

渋谷東急のBunkamuraザ・ミュージアムで1月13日まで開催中の「スーパー・エッシャー展:ある特異な版画家の軌跡」を観てきました。昨年のダリ回顧展の反省を活かして平日の午前中に。それでもかなり混んでましたが。

Read more...

posted by Yuuki at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

01/07/2007

春にして朔太郎を読む・メモ

図書館で借りてきた『ちくま日本文学全集18 萩原朔太郎』をぱらぱらとめくる。散文が充実している。まだ青空文庫に公開されていない作品を中心に読む。

Read more...

posted by Yuuki at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

12/29/2006

意味することの意味(ダリ回顧展レヴュー)

上野の森美術館で来年1月4日まで開催されているダリ回顧展を観てきました。美学を勉強したいなどとのたまっているくせに美術についての知識は皆無の僕ですが、素人目線から感想など述べたいと思います。

Read more...

posted by Yuuki at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

12/23/2006

『神の子どもたちはみな踊る』 村上春樹

弟から借りて向こうに持っていってました。案の定読んだのは月曜日、帰りの飛行機の中ででしたが。『ノルウェイの森』のあの有名なオープニングのせいか、飛行機の中で読む村上春樹はなんとなく“おつ”ですよね(そうか?)。

Read more...

posted by Yuuki at 05:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

12/10/2006

「静寂の昼」

イアン・ボストリッジが歌う『The English Songbook』というアルバムに収録されている「Silent Noon」という曲が最近好きでよく聴いています。

Read more...

posted by Yuuki at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

12/01/2006

西脇順三郎のスタイル

FRENの小論文でボードレールの「Les Fenêtres」という散文詩に関して何か書かなければいけなかったので、西脇順三郎の「ボードレールと私」というエッセーの最初の章だけ読んでみた。でも今はボードレールについて何か書きたいわけではなくて、ただこの西脇という人の文章がとても美しくて魅力的であるということを述べたいのである。

Read more...

posted by Yuuki at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

11/04/2006

美しい秋、悲しい秋(シューベルト最後のソナタ)

夜更けに雨が降り始めて、強くなったり弱くなったりしたけれど、明け方には上がって、朝にはただひんやり冷たい空気が残った。

Read more...

posted by Yuuki at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

10/27/2006

似ているけどちょっと(かなり)違う?

映画「ゲド戦記」の挿入歌「テルーの唄」が萩原朔太郎の詩「こころ」と酷似している、ということが指摘されて少しニュースになりました(ここなど参照)。

Read more...

posted by Yuuki at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

10/26/2006

Covering all bases

MPA (Magazine Publishers of America) has recently announced 2006 Cover of the Year Winner and Finalists at AMC, American Magazine Conference. Click here to go to the web page and view the gallery.

Magazine covers reflect the world, in terms of their contents, form, material, reference, etc. They cover all bases: faces, races, faiths, mazes, rages, ages, sages, razes... of course they cover all the pages, too.

My favorites among the covers chosen are the following (not necessarily in this order):
  • The Economist: "Rocket man" Kim Jong-il of North Korea
  • LIFE: Scarlett Johannson “Let It Snow” cover
  • New York: Scarlett Johansson and Woody Allen on the beach.
  • I.D. Magazine:“Design and Religion” issue, featuring iPod-like device turned into a crucifix necklace
  • The New Yorker: Illustration of thin model on runway watched by fuller-figured women in the audience

The New Yorker is just so hilalious that it's my desktop picture now. I.D. Magazine is very clever, and the topic is fascinating. Scarlett Johansson, on two of the covers, defies my inventory of beauty-related adjectives. Finally, I wonder how one is to take the tone of The Economist cover...

posted by Yuuki at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

10/16/2006

平凡な、神様の、贈り物

(Amadeus. Peter Shaffer. Live Arts production, directed by Mendy St. Ours. Fri. Oct. 13, 2006)



"That's our job! That's our job, we composers: to combine the inner minds of him and him and him, and her and her――the thoughts of chambermaids and Court Composers――and turn the audience into God."

金曜日ですが、ダウンタウンのLive Artsでピーター・シェーファー原作の『アマデウス』を観てきました!

Read more...

posted by Yuuki at 05:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

10/09/2006

Fanfare from Home

(Charlottesville & University Symphony Orchestra concert. "Songs of Home." Conductor: Kate Tamarkin. Sat. Oct. 7, 2006)

The symphony orchestra kicked off its season this weekend. I went to the first of their five prescription concerts last night.

Read more...

posted by Yuuki at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

09/25/2006

Brahms' burning red, Coltrane's cobalt blue

Thursday night last week was the fourth concert of this year's Charlottesville Chamber Music Festival. Saturday night was Free Bridge Quintet (U.Va's official jazz faculty quintet) concert. These were the first two musical performances I attended this semester.

Read more...

posted by Yuuki at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

09/07/2006

Music for Fall '06

Some of the musical goodies that I am recently interested in are the following:

Read more...

posted by Yuuki at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

08/15/2006

オリエンタルラジオを少しだけ見直した

良い意味でも悪い意味でも今のお笑い界を最も象徴しているであろうコンビ、オリエンタルラジオ。率直に言って、僕はあまり好きではありません。

Read more...

posted by Yuuki at 22:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | On Art

05/19/2006

BGMについて少し思ったこと

今日なんとなく「ぐるぐる99」の「ゴチになります!」を観ていたら、料理がでる度にいろいろなクラシック音楽が後ろで流れて面白かった。

Read more...

posted by Yuuki at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

04/24/2006

おとぎ話の終わり

(Charlottesville & University Symphony Orchestra concert. Conductor: Michael Slon. Sat. Apr. 22, 2006)

シャーロッツヴィル/大学オケの今年最後の定期公演、行ってきました。一年間素晴らしい音楽をありがとうございました(そして来年もよろしく)、という気持ちで。

Read more...

posted by Yuuki at 05:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

04/20/2006

スピッツの『楓』と『存在と時間』

スピッツの『』という曲が好きだ。やさしくて、キレイで、切ない。カラオケにいくと必ず歌う一曲でもある。何度聴いても涙を誘う名曲であるが、今日歌詞を聴いていてふと思った。この曲の主題にはどこかハイデガー的なものがあるのではないかと。

Read more...

posted by Yuuki at 16:14 | Comment(8) | TrackBack(1) | On Art

04/16/2006

ヒラリー・ハーンに完璧にうちのめされた件について

本当はOCTのペーパ書いてなきゃいけないんだけど、昨日たまたまかけてみた「ブラームス/ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲」があまりにすごすぎた。背筋に稲妻が何回も走った。

ヒラリー・ハーン(Hilary Hahn)、ヤバい。デビュー盤のバッハの「無伴奏パルティータ/ソナタ」も、David Zinman指揮、Baltimore交響楽団とのベートーヴェンの協奏曲の録音にカップリングされてるバーンスタインの「ソロ・ヴァイオリン、弦楽、ハープと打楽器のためのセレナーデ」もかなり好きだったけど、昨夜ブラームスの冒頭の入り方で完全にうちのめされた。恋に落ちた、と言う意味ね(笑)。

Breathtakingly intense. Daringly beautiful. Elle est absolument formidable!!

後日またじっくり紹介したいと思いますが、とりあえずオフィシャルサイトへのリンクだけ貼っときます:
HilaryHahn.com
Hilary Hahn on Deutsche Grammophone

しかもなんと6月に来日公演が!東京オペラシティであるようです。しかも値段もそれほど高くないし(学生2500円)。モーツァルトのソナタ25番(ト長調)他、幅広いおもしろそうなプログラム。詳しくはこちら。う〜んまだ席残ってるのかな…誰か一緒に行きませんかー?

posted by Yuuki at 01:21 | Comment(4) | TrackBack(1) | On Art

04/09/2006

Summer dream glimpsed in advance

(A Midsummer Night's Dream by Shakespeare. Shakespeare on the Lawn production. Director: Katie Mason. Fri. Apr. 7, 2006.)

A joyful presentation of one of the most commonly staged plays by Shakespeare. The play that blesses the act of communal artistic enterprise by its very being one such project. The play that makes one smile. The play I fell in love with.

Read more...

posted by Yuuki at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

04/01/2006

Moonlight, pallid and emaciated

(Edvard Munch: The Modern Life of the Soul. Museum of Modern Art. Feb. 19 - May 8, 2006)

If you plan to be in NYC during the next month or in early May, I recommend this special exhibition of Munch's works at MoMA, the first retrospective of the Norwegian painter held in a n American museum in almost 30 years.

Read more...

posted by Yuuki at 12:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

03/19/2006

Musical confrontation: positive and negative

(Charlottesville & University Symphony Orchestra concert. Conductor: Michael Slon. Sat. Mar. 18, 2006)

The fourth concert of the 2005-2006 season featuring the works by John D'earth, Jazz trumpeter, composer, and a faculty member here at U.Va.

Read more...

posted by Yuuki at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

03/18/2006

iPhotoでつくるフォトブック:“At the Belks”

At the Belks Photobook

Stony Brookのベルク夫妻(と日本語で書くと何か変だけど、僕の高校の先生です)には卒業後もなにかとお世話になっていて、今回の春休みにNYに旅行したときも一泊させてもらったんですが、今回その時に撮った写真と、今までに泊まった時に撮りためてた写真とをまとめて、MacのiPhotoというアプリケーションを使って写真集をつくってみました。

Read more...

posted by Yuuki at 07:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

03/14/2006

Falling in love with the piano, again

A few weeks prior to the spring break, I had been listening to "songs" extensively, both in my room and on the go (with my iPod). More particularly, I was totally enchanted by the absolute beauty of the voice of Ian Bostridge...

Read more...

posted by Yuuki at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

03/05/2006

CHICAGO: "All the world's a stage."

(2002. Director: Rob Marshall. Written by: Maurine Dallas Watkins (play), Bob Fosse (book). Catherine Zeta-Jones, Renée Zellweger, Richard Gere, et al.)

2002年度のアカデミー賞を6部門で獲得した、同名のブロードウェイミュージカルを映画化した作品。春休みに入ってやっと映画を見る時間ができたので観てみました。

Read more...

posted by Yuuki at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

03/04/2006

共鳴:試すことなく確かめあうこと

(Chick Corea & Touchstone Live. 8:00 PM, Thurs., March 2, 2006 @ The Paramount Theater)

去年の暮れにチケットをとったときからずっと楽しみにしていた、現代ジャズピアノ界の重鎮、60歳を過ぎてまだまだバリバリの牽引者、チック・コリアのコンサートに行ってきました!

Read more...

posted by Yuuki at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

02/28/2006

Kurt Rosenwinkel @ U.Va. (Part 2: Saturday)

Kurt Rosenwinkel Signed Cds

How amazingly rare and precious an opportunity it is to glimpse the mind of true artists! And how resonant, attuned, noble, and admirable their philosophy is! Philosophy that does not have to degenerate itself into pitiful rubble of words!

Read more...

posted by Yuuki at 12:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | On Art

02/26/2006

Kurt Rosenwinkel @ U.Va. (Part 1: Friday)

This might well have been the best weekend I have ever spent here at U.Va. And this just might well be the best weekend I will ever spend here. I attended three events in two days where I had opportunity to listen to one of the most inspiring musicians out there today: Kurt Rosenwinkel.

Read more...

posted by Yuuki at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | On Art

02/20/2006

The Slaughter of the Innocents

(Performance by the U.Va. Early Music Vocal Ensemble. Director: Paul Walker. Fri., Feb. 17, 2006, @ U.Va. Chapel)

brochure, etc.

Friday night I attended a presentation of the liturgical drama "The Slaughter of the Innocents," adopted from the original version of the Abbaye de Fleury in 12th century France.

Read more...

posted by Yuuki at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

02/05/2006

魂の音は音をも越えて

(Charlottesville & University Symphony Orchestra concert. Conductor: Michael Slon. Sat. Feb. 4, 2006)

Old Cabel Concert Hall

シャーロッツヴィル/大学オーケストラのコンサートに行ってきました。年5回の定期公演のうちの第3回。"Resounding Spirits"というテーマで、プログラムは以下の通り:
  • Made in America (メード・イン・アメリカ) by Joan Tower
  • Dance of the Blessed Spirits (幸福な魂の踊り) by Christoph W. Gluck
  • Concerto for Flute in D minor (フルート協奏曲ニ短調) by C. P. E. Bach
  • Symphony No.7 in A major (交響曲第7番イ長調) by Ludwig van Beethoven

Read more...

posted by Yuuki at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

01/28/2006

"Macbeth" by William Shakespeare

(Live Arts production, directed by John Gibson. Fri. Jan. 27, 2006)

Macbeth ticket, guide, etc.

沙翁の四大悲劇の一つ、『マクベス』をダウンタウンのLive Artsというシアタで観てきました。

Read more...

posted by Yuuki at 23:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | On Art

01/26/2006

外で聴く音楽/ヘッドフォンの話

新しいiPodを買ったときは、「よし、Podcastのラジオや語学番組を駆使してフランス語を練習するぞ!」などと思っていましたが、結局普通の音楽ばかり聴いてしまっている今日この頃。

Read more...

posted by Yuuki at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

01/20/2006

『トーマの心臓』 萩尾望都

5〜10年前、僕がまだ10代前半だった頃は少年漫画の全盛期で、男女問わず『週刊少年ジャンプ』を読んでいたものでした。今は少女漫画の時代のようですね。『NANA』とか『のだめカンタービレ』とかさ(タイトルしか知らないけど…)

Read more...

posted by Yuuki at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

01/08/2006

古畑任三郎・メタドラマ・ヒューモア

松嶋菜々子が一人二役、という時点でメイントリックが解ってしまった、あ〜あ、興ざめ…そう感じた(おそらくミステリ好きの)人は、それでもなぜ『古畑任三郎』がおもしろいドラマとして成立しうるのか、もう一度考え直してみるといいかもしれません。

Read more...

posted by Yuuki at 09:37 | Comment(2) | TrackBack(2) | On Art

01/06/2006

『プチ哲学』 佐藤雅彦

昨日池袋LIBROで衝動買い。いつかどこかで見かけてちょいと気にはなっていたのですが。本と人間は「出逢う」ものでもあると考えるから、ふと書棚の前で立ち止まり、デザインをみて、ぱらぱら捲っただけで購入、というのは自分の中ではアリ。

Read more...

posted by Yuuki at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art

『文庫版・狂骨の夢』 京極夏彦

2005年最後に読み始めた本であり、2006年最初に読み終えた本。今年は散文のフィクション(=つまり小説)をたくさん読みたい! (以下ネタばれはありません)

Read more...

posted by Yuuki at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | On Art
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。